ベースの弦高を調整してみよう

youtube

今回はベースのメンテナンス、特に弦高についての話をしたいと思います。

リペアショップ等で頼むと大抵の場合、トラスロッド調整でネックと弦高をセットで調整してくれます。
実際はどのように行われてるのか、また自分でやる時はどういう風にやるのか解説していきます。

弦高を調整するメリット

弦高をきちんと調整することで、演奏性が飛躍的に向上します。
もしも、「なかなか上手くならないな」と思っている人も弦高を調整することで

・すごく上達が早くなった
・今までより上手くなった
・出来なかったことができるようになった

みたいなこともあり得ます。

さらに弦高が低いことで、左手の運指がすごく楽になります。
特にビギナーさんは、音や音質にこだわる前に、なるべく弾きやすい楽器を使うというのがすごく大事なことなので、是非弦高をチェックしてみてください。

弦高の測り方と目安

用意するものは定規で充分です。
スキマゲージ等があると便利ですが、今回は定規を使って測っていきます。

まずは、4弦と1弦の12フレットを見てみてください。
弦高はフレットの頂点と弦の下の部分の間を測ります。
一般的に標準的な弦高と言われているのは、4弦側が2.0mm、1弦側が1.5mmです。

思ったよりもけっこう低いと思いませんか?

例えば、エントリークラスのモデルの場合、最初に買った時もう少し弦高が高いと思います。
それを、弦高2.0mm-1.5mmぐらいにすることでかなり演奏性が良くなります。

ただし、この弦高だと音がビビる場合があります。

もしも音が詰まってしまったりビビりがひどい場合は、弦高をもう少し上げてみてください。
多少ビビる位でアンプを通せば気にならないレベルであれば2.0mm-1.5mmの弦高でいいと思います。

弦高にはもう一つの目安があります。
過去にFender USAの公式サイトに記述があった方法で、弦高は17フレット上で2.38mmと言われています。
こちらは、12フレットで調整するよりも若干高いかなという印象です。

弦高調整に必要な道具

それでは、実際の弦高調整の方法について説明していきます。

弦高は、ブリッジで調整します。

例えばこのベースの場合、ブリッジにイモネジという調節するネジがあります。
このイモネジを精密マイナスドライバーを使って調整することで弦高を変えることができます。

ベースによっては六角レンチを使って調整するものもあります。
六角レンチのセットはホームセンターや工具屋さんで手に入れることができますが、この時気をつけたいのは「インチ」と「ミリ」の違いです。

国産ブランドの楽器の場合、基本的にはミリ規格が使われています。
なので、国産ブランドの楽器を使っていてメンテナンス用の六角レンチを買うときはミリ規格のアイテムを買えば良いでしょう。

海外製、特にアメリカ製のベースの場合はインチです。
もちろんフェンダー等のヴィンテージもインチ規格なので、インチ規格の工具を買う必要があります。
自分の楽器に合わせて購入してください。

前述したFender USAの弦高目安、2.38㎜もインチをミリに換算したために、このような半端な数字になっていたわけです。

自分で弦高調整をする方法

自分で弦高を調整する場合も、イモネジを調整していきます。
今回のベースは、マイナスドライバーで弦高調整をします。

弦高を下げたい場合は、イモネジを緩めていきます。

この時、チューニングは少し緩めてテンションを掛けないようにしてください。
チューニングを張った状態でイモネジをいじってしまうと、イモネジが固くネジ山を潰してしまう可能性があります。

テンションを緩めてもイモネジが固い場合は潤滑剤等を吹いてあげると動かしやすくなります。
古いベースや錆び等があると固い場合もあるので慎重にトライしてみてください。
特に六角のイモネジはなめやすいので注意が必要です。

チューニングを緩めたらイモネジにドライバー入れて、ネジを緩め方向に巻いて下げていきます。
ここで注意するポイントとして、サドル部分が斜めの状態で終わらないようにしましょう。
弦高を変えてもサドル自体は平行に、同じ高さにしてあげることが大事です。

さて、意外とみんな知らないポイントを一つご紹介します。

弦高を下げる時はネジを緩め方向に巻きますが、最後は締める方向に巻いて終わらせましょう。
緩めたままで終わりにしてしまうとネジ山が落ち、一瞬弦高が下がってしまいます。
最後は締め方向に少し巻いて、終わらせてあげるのがポイントです。

4弦と1弦を調整したら、間の2弦3弦も合わせる様にして調整してあげましょう。

全ての弦高を調整したらチューニングをします。
チューニングをして、もう一度弦高を測り目標の弦高になっていればOKです。

ナットも一緒に確認する

弦高の調整と併せて確認をして欲しいパーツがあります。
それは「ナット」です。

弦高はブリッジでしか調整できないのですが、ナットの高さもすごく重要です。
手元のベースでチェックしてみてください。

3フレットを押さえた状態で1フレットと弦の間に隙間はありますか?

ちょっと隙間が空いていればOKです。

隙間が開きすぎているなら、ナットが高すぎます。
隙間が無かった場合は、ナットが低すぎます。

ナットと言うのは使っているうちに擦り減ったり、割れたりすることもある「消耗品」です。
もし低い場合はナットを交換してあげる必要があります。

ナット側の弦高が高いとそれはそれで弾きにくく、逆に低すぎるとローフレットでビビりが起きる原因になります。
ブリッジを調整した際には、ナット側も併せてチェックしてあげてください。

弦高調整でベースがより楽しくなる

いかがでしたでしょうか。
弦高調整をすることによって適正な弦高のベースが手に入ると、ベースが一気に弾きやすく、面白くなってきます。
是非、皆さんもやっていただければと思います。

動画の方では、ナットに関するこだわりについても話しているので、ぜひ視聴してみてください。