ベース初心者がはじめに見る動画9

youtube

今回は、「スライド」と「グリス」について紹介していきます。
スライドとは、音を鳴らしたまま、左手をずらして音を変えるテクニックです。
より自由度の高いグリスと合わせて練習していきましょう。

「スライド」とは

今回も、フレーズに合わせて解説していきます。

スライドは譜面上に「S」と言う文字で繋がれた2つのフレット間を移動するテクニックです。

一小節目では、4フレットから5フレットに向けて、左手の中指か人差し指を使って1フレット分スライドします。
どちらの指でもスライドすることはできますが、中指で押さえて人差し指を添えるイメージでスライドしたほうが安定するかと思います。

スライドは指先で動かすというよりも、手首主導で手首とひじが先に動き、指がつられて動くようなイメージを持ちましょう。
指先に必要以上の力を入れる必要は無く、普通に弦を押さえる力でしなやかに移動させるイメージです。

「グリス」とは

2小節目、今度は人差し指で4フレットを弾きます。

「グリス」は譜面に「g」と表されます。
発着点が曖昧なスライドのことで、楽譜には表せないニュアンスを表現しています。
このフレーズの場合、4フレットから、1〜2フレット目位を目安に下がっていけば良いかと思います。
あっさりさせたければ、3フレット目位で終わらせることも自由です。

3拍目の6フレットは、2弦4フレットをグリスした流れを途切れさせないように3弦6フレットに向けて小指でグリスします。
つまり、今度は出発点が曖昧なグリスということになります。

こちらも楽譜には表せないニュアンスなので、譜面にグリスがある時は好きなアーティスト等の音源を聴いてみてどの様にグリスしているのかを研究するのもすごくいい練習になると思います。

例えば、長くグリスすればうねるような印象になりますし、短めのグリスをすればあっさりとした印象になります。
これは演奏者のセンスに委ねられるものなので色々な人の音源を聴いて研究してみてください。

グリスの際も、スライド同様無駄な力を入れずに手首を柔らかくし、腕が先に動いてから指がついてくるように動かすことを心がけましょう。
指先も普通に弦を押さえるときと比べて若干指が進行方向に寝るように押さて滑っていく形になります。

いかがでしたでしょうか。
比較的簡単なフレーズなので少し練習すれば弾けると思います。

今回でビギナー編は終了になりますが、引きつづきテクニック等ご紹介していく予定です。
ご期待ください。