ベース初心者がはじめに見る動画8

youtube

今回は、「プリング」と言うテクニックを紹介していきます。
前回は右手を使わずに指をハンマーのように弦に下ろして音を出す「ハンマリング」についてご紹介しました。

プリングはハンマリングとは逆で、弦から指を離して音を出すテクニックです。

スクリーンショット 2017 08 26 18 23 31

「プリング」のやり方

今回のフレーズはこちらです。

まずは、4弦解放弦を4分音符で2回弾きます。
次に3弦7フレットを小指、5フレットを人差し指で押さえます

そして7フレットを弾いたら小指だけを離し、5フレットの音を出します。
これが「プリング」です。

この時、あえて大きな音を出そうと意識したり、小指を引っかける必要はありません。
ただ単に離すだけで十分な音量を出すことができます。

コツはハンマリングと同様、指を上げすぎずに自然な動きを心がけることです。
極端に指を動かす必要は無く、必要最小限の距離を上げるだけで十分です。

「プリング」の注意点

プリングは、リズムが走りがちになるので注意してください。
「リズムが走る」というのは指先が力んでしまったりすることで、先走ってしまうことを指します。

指を離すという動作は無意識に早くなりがちです。
なるべく急がないようになるべくリズムをキープして弾けるように意識しましょう。

左手の移動と目線

2小節目も1・2拍目は1小節目と同じように引いていきます。

3拍目では、4弦3フレットと2フレットをプリングします。
主なポイントは1小節目と同じですが、左手の移動に注意してください。

1小節目の3弦7フレットから2小節目で左手を移動させる時、ベースに慣れていない人は4弦3フレットがすぐに見つけられずに慌ててしまうこともあるかと思います。

左手の移動が大きい場合に、大事なのは「目線」です。
1小節目の7フレットや5フレットを弾き終わったあたりで、すでに3フレットや2フレットを見ていれば、すぐに左手がついてくるようになります。

どんなフレーズでも次のフレットを見ておけば、迷わずに弾く事が出来ます。
左手の移動があるときは目線を次のフレットへ送ることを意識すると、とても良いです。

ピッキングについて

このフレーズのピッキングは、全て人差し指を使っています。

もしもこのフレーズにプリングが無ければ、1小節目5フレットや2小節目2フレットのピッキングは中指を使います。
譜面の中で8分音符がある部分は人差し指と中指で弾くというイメージです。

プリングの時は中指を省略して弾いている、というイメージを持っておくと後々出てくる「オルタネイトピッキング」の練習の際に役に立ちます。

いかがでしたでしょうか。
フレーズ自体は簡単だと思いますので、ぜひメトロノームに合わせて練習してみてください。