ベース初心者がはじめに見る動画7 ハンマリング

ベースレッスン

今回は、左手を使った「ハンマリング」というテクニックについてご紹介していきます。
前回までの左手の運指がしっかりとできていれば難しいことはありません。

(1)ハンマリングの方法

ハンマリングは、右手で弦を弾かずに左手で押さえるだけで音を出すというテクニックです。
TAB譜上では「H」という記号で表現されます。

まずは、今回のフレーズを見てみましょう。

1小節目を見ると最初に解放弦があって次の2フレットにハンマリングの記号があります。
ですのではじめに解放弦を弾いたら、次の音は右手は弾かずに左手で2フレットを押さえて出します。

これが、「ハンマリング」です。

ハンマリングのポイント

ハンマリングでは、指を叩きつけたり必要以上に大きい音を出す必要はありません。

というのも、ハンマリングは「フレーズを滑らかにする」と言う目的で用いるテクニックです。
アクセントをつけたい場合には強く押さえる事もありますが、基本的には自然な力で押さえて音を出しましょう。

ハンマリング時のピッキング

本来8分音符で構成されているフレーズは、人差しと中指を交互に出して弾きます。

しかしハンマリングの時は右手で弦を弾きません。
そのため、このフレーズでもハンマリングの部分で1回右手で弾かない音があります。

弾かない音は中指に当たる部分なので、ピッキングの流れとしては解放弦を人差し指で弾き、ハンマリング、次の3弦2フレットももう一度人差し指、そして中指で弾くという流れになります。

ハンマリングの時には中指で弾いた気持ちになって次の人差し指で弾くことを意識しましょう。

2小節目は1・2拍目は1小節目と同じですが、その後左手のポジションをシフトして中指で4フレットを押さえ、小指で5フレットでハンマリングしていきます。
この時も必要以上に指を振り下ろさずに自然に押さえていきましょう。

シフトするときは前回までに練習した通り、シフトしても親指の位置がいつも同じところにあるように意識しましょう。

ハンマリングのメリット

スラップをするときなどにフレーズを高速に素早く聴かせる、右手をそんなに動かさずに音数を増やせるのがハンマリングのメリットだと思います。

前回までの左手の基礎から右手を抜かすだけなので難しいことはありません。
ぜひ練習してみてください。