ベース初心者がはじめに見る動画4横(フレット)の移動について

ベースレッスン

横(フレット)の移動について

Image

指版は4指で3フレットをカバーしていきます。

まずは人差し指で4弦1フレットを押さえます。
次に、人差し指をシフトさせて4弦2フレットを押さえます。

この時も他の3指は弦の近くで待機させておきましょう。
また、親指はネックの裏側、人差し指と中指の間から動かないようにしましょう。
必要以上の力でネックを握りこまないことも意識しましょう。

続いて中指、小指と押さえていきます。
親指の位置や押さえる指の向き、空いている指が遠くに離れていないことを意識しながら弾いてみましょう。

2フレットから1フレットへの移動も人差し指をシフトさせます。
この時、親指は最初の位置に戻っていることを確認しましょう。
親指が乱れてしまうと左手に負担がかかってしまいます。

どんなフレーズであっても、できるだけ左手の形はキープして弾くことを心がけましょう。

1フレット1指でもチャレンジしてみよう

今回紹介したフレーズを1フレット1指でも弾いてみましょう。

1フレットから4フレットは一番フレットの間隔が広いです。
手が大きい人でなければ、音が出なかったり音がビリビリと割れてしまう(音がビビる)と思います。

1フレット1指は、一見左手の動く量が少ないため楽なように見えますが、負担が大きく長時間弾くのは大変です。
両方とも弾けるに越したことはないので、3フレット4指、1フレット1指どちらも体験して長時間弾けると感じたほうを選んでください。

1フレット1指の場合でも、運指のポイントは変わりません。
親指の位置を固定させ、必要以上に弦から指を離さないようにし、ネックを握る力を入れ過ぎないようにしましょう。