ベース初心者がはじめに見る動画3左手の動かし方縦移動編」

youtube

今回は動画「レッスンその3 縦の左手の動かし方」について説明していきます。

ポイントをしっかとおさえておけば難しいことはありません。
最初は指の筋力が弱かったり指が固く、弾きづらいかもしれませんが徐々に弾けるようになりますよ。

縦の移動(弦移動)について

3
今回は、このフレーズに合わせて解説していきます。

まずは4弦3フレットに人差し指を置き4回弦を弾きます。

次に3弦の3フレットに移ります。
この時に、人差し指ちょっとだけ下にずらし指先が4弦に触れるようにします。

こうすることで3弦を押さえながら4弦に指先が触れ4弦をミュート(消音)させることができます。

目的の音以外が鳴ってしまうと、音が混じって鳴ってしまいます。
弾いていない弦をミュートさせることで鳴らしたい音以外に余計な音が鳴らず、クリアな音を出すことができます。

また、4弦を弾いているときは3弦以下を人差し指の側面を少し触れさせミュートしています。
ミュートするときは完全に弦に触れてしまうと音がなってしまうため、少しだけ触れるようにしましょう。

次に小指を使って5フレットを押さえます。
この時に、中指と薬指は浮かしておかず、小指と一緒に弦を押さえるように意識しましょう。
特に中指は4フレットを押さえるのが一番良いです。

最後に、人差し指以外の3指を離して3弦3フレットに戻ってきます。

メトロノームに合わせて少しずつテンポアップしながら繰り返し練習してみましょう。

縦の移動のポイント

まず、なるべく指を余計に離さないようにしましょう。
使っていない指もなるべく弦の近くに待機させておきましょう。

また、指はいつも同じところが弦に当たるように意識しましょう。
人差し指は側面、中指は指板に垂直に、小指も側面に弦が当たるようにします。