ベース初心者がはじめに見る動画2左手の使い方

ベースレッスン

今回はベースを弾く際の左手の使い方をご紹介します。

ベースは左手で「フレットを押さえる」ことで音階を調整します。
左手の使い方に問題があると、いい音が出ないばかりか、手首や指の怪我にもつながります。
綺麗でスムーズな運指を目指して頑張りましょう。

「フレット」とは

ベースのネックにある金属の横棒、このパーツを「フレット」と言います。

Lesson2

解放弦は0を示します。
一番ヘッド側にあるのはナットという部分です。
このナットの隣、最初のフレットが1フレットとなります。
その後ボディ側に行くにつれ、2、3、4フレットと順番に数字が進んでいきます。

大体のベースには3、5、7、9、12フレットの指板に印が付いているので、その印を目安にすると押さえやすいです。

フレットの押さえ方

押さえ方の基本として「フレットの端の指板を押さえること」があります。

例えば、「3弦5フレットを押さえる」という指示があった場合は、3弦のヘッド側から1、2、3と数えていき5フレット目を押さえます。
この時、5フレットにできるだけ近い部分の指板を押さえるということです。
フレットから離れて前のフレットの近くを押さえてしまうと音が割れてしまい、綺麗な音が鳴りません。

フレットを押さえる力加減は?

フレットを押さえる力はグッと力いっぱい押さえるのではなく、音が出る最小限の力で押さえます。
押さえる力が弱すぎると音が鳴らないので、指に徐々に力を入れていき、音がしっかり鳴る最小限の力加減を意識しましょう。

フレットを力強く握りすぎると、すぐに疲れてしまったり楽器にも負担がかかります。

おすすめの運指方法

ベースやギターの左手の指の運びのことを「運指」と言います。

僕のおすすめは指4本を使って3フレットをカバーする運指方法です。
この運指方法なら手が小さい人でも難なくベースを弾くことができます。

まず、人差し指は指の側面で押さえることが多いです。
指が反ってしまったり伸びきっていることは無く、人差し指全体的で緩やかに丸まっているる状態を保ちます。

中指は、ネックに対して垂直になるように押さえます。
人差し指同様に関節は自然に曲がっている状態になります。

薬指と小指はセットで押さえます。
小指も自然に曲げながら指の側面で押さえます。

親指はネックの裏に当てます。
親指の位置がポイントで、押さえるフレットによって多少上下しますが、人差し指と中指の間を目安に当てるようにしましょう。
親指がずれてしまうと、人差し指などに余計な力がかかってしまいます。

「1フレット1指」ではいけないの?

薬指・小指もそれぞれ1フレットをカバーする1フレット1指という運指方法もあります。
この方法は手が大きい人なら対応できますが、手が小さい人の場合、指に大きな負担がかかってしまいます。
ただし、後々超絶テクニックなどにチャレンジすることを考えている場合は1フレット1指の方がおすすめです。

押さえていない指も意識する

例えば小指を使って7フレットを押さえるとき、当然他の3指が弦に触れていなくても音が鳴ります。

しかし、小指だけで音を鳴らそうとすると安定感がないうえに、小指に非常に負担がかかってしまいます。
そのため他の指は使っていなくても一緒に押さえている感覚を持ちましょう。

また、その時使っていない指もなるべく弦の近くで待機させるようにしましょう。

手がパーの様な状態になったり、弦から離れすぎていると次に弦を押さえる際に時間がかかってしまいます。
指は必要な時にすぐ押さえられるように弦のすぐ近くで待機させておきましょう。