ベース弾くのにホントに役立った3冊の教本

ベース

こんにちは、久保あつしです

この記事では僕がベースを弾いていくうえで

これは勉強になったなぁと感じた教則本を3つに厳選して紹介したいと思います

といっても僕がベースをはじめた頃に読んだ教本は今では廃盤になっていて

入手できないものもありますが、どれも古本屋さんに行って探してもいいくらい価値あるものだと思います

 

気づけば全部リットーミュージックさんになってしまいましたが

リットーミュージックの教本はハズレがないですね。

1.究極のベース練習帳

 

簡単な曲が何曲か弾けるようになった!

もっとガシガシうまくなりたい!!

そんな野心溢れるベーシストには

こちらの練習帳シリーズ

こちらは奏法など細かい説明は少なめで

良質なフレーズがとにかくたくさん載っています

全てのフレーズをマスターしようとすると結構な期間が必要かもしれませんが

どのフレーズも上達するギミックを盛り込んだ内容となっており

やりごたえ抜群です。どのフレーズもカッコ良く

教本にありがちなダサい練習フレーズ感があまりなく

弾いてて楽しいです。

2.究極のピック弾き練習帳

 

 

ピック弾きという奏法はどこか

指弾きに比べて軽んじられてるふしがあって

っていうかロックやパンクみたいなジャンルだと

教則本で練習する風潮があまりないような雰囲気じゃないですか(気のせい?)

しかし突き詰めていくとピック弾きでいい音を出すのはとっても難しい。

指で弾いた方が手っ取り早い!

 

ところがピック弾きってルックス的にもサウンド的にも

めっちゃカッコいいんですよ。ピック弾きにしかだせないグルーブや迫力

それはきちんとしたピッキングができてこそ。

 

そういったピック弾きの魅力を伝えつつ

あらゆるジャンルでのピック弾きを解説した教則本

 

前田“Jimmy”久史さんの本なんですが

この人の教則本はどの本も本当に面白いです。

フレーズ一音一音に無駄がないんですよ。

どこの部分にもスキルアップする要素が盛り込まれてて学習欲を掻き立てられます。

 

掲載フレーズ量もかなりのボリュームがあり

やりごたえ抜群です。これ一冊終わらすとピック弾きに関しては

相当な自身がつきます。

 

・ピック弾きを極めたい!!

・指弾きしかやってこなかったけど新しい可能性を模索したい!

 

そんな方にオススメです。

 

3.スラップ・ベース・スパルタ合宿

 

 

こちらもまた前田“Jimmy”久史さんの本なんですが

難易度が高く、本当にスパルタです

しかし最初のページからじっくりと取り組んでいく事で

少しづつでも弾けるようにしていく事で相当な体力とスキルが身につきます

 

前半はスラップのスキルにフォーカスして

主要なスキルが習得できるようなフレーズ集

後半は名プレーヤーの奏法を分析したフレーズ、サウンドメイクが掲載されています

 

終わる頃には向かうとこ敵なしの立派なスラッパーとなっているでしょう

ベーシストYouTubeでのレッスン動画が大好評!
ロックからJAZZなどいろんなジャンルに手を
出して最近はクラブミュージックにはまって
EDM作ってます。
ベースを中心にDAW、 楽器全般に精通してます